神戸三宮 マウスピース矯正クリニック

お電話0120-372-118 住所:神戸市中央区御幸通4-2-9 アベニュー御幸ビル101
診療ご予約・お問い合わせはこちら
アクセスマップはこちら

マウスピース矯正とは

HOME > マウスピース矯正とは
ヨシダ歯科・小児歯科クリニック ロゴ

マウスピース矯正とは

矯正治療と聞くと、ワイヤーを用いる矯正方法だとお考えの方が多いのではないでしょうか。
実は、欧米ではワイヤーを用いる矯正より、マウスピースを用いた矯正治療が一般的な治療法になりつつあります。
マウスピース矯正は「透明で目立ちにくい」「比較的痛みが少ない」「取り外せる」「金属アレルギーの心配がない」といった、従来の矯正方法にはないメリットがあります。
治療にはマウスピース矯正治療における知識や治療技術が必要です。
当クリニックは神戸 三宮でマウスピース矯正に力を入れている歯科医院です。
マウスピースは、一人ひとりの歯に合わせて矯正装置を作製し、装着します。
耐久性なども追及したオーダーメイドのマウスピースをご提案いたします。
今から矯正をはじめようと考えている方、目立たない矯正治療・より痛くない矯正治療を探していた方は、まずは相談ください。

ヨシダ歯科・小児歯科クリニックがおすすめするマウスピース型矯正インビザライン

マウスピース矯正に力を入れている歯科クリニック

当クリニックは、神戸三宮でマウスピース矯正治療に力を入れている歯科クリニックです。
矯正治療の従来のイメージは、痛い、怖い、見栄えが悪い、というもので患者様に負担が大きいものでした。
この点、マウスピース矯正はより患者様のニーズにこたえた治療方法といえます。
とはいえ、はじめての方は不安な面も多いかと思います。
当クリニックでは、初めての方でも、セカンドオピニオンをご希望の方も、まずはお気軽にお越しいただきご納得の上、治療を受けていただきたいと考えております。

マウスピース矯正のメリット

マウスピースで矯正で歯が動く仕組み

金属のワイヤーからすると、マウスピースが治療効果があるのかと心配される方が多いようです。
矯正は歯へ力をかけることによって、歯の移動を行いますが、その力は強ければよい、というわけではありません。
矯正治療ではむしろ弱い力を長期間かけていくことが大切です。

ポイント1

弾力性のある特殊な素材

透明のマウスピース

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、耐久性がある素材で作ってあります。
弾力性があるため、歯に対して弱い力を加え続けることができます。
マウスピースの材料の「弾力」を「矯正力」として利用して歯を移動させます。

ポイント2

微妙に歯からずれたマウスピース

目立たない透明のマウスピース

マウスピースでなぜ歯が移動できるのか。
今の歯の状態より、微妙にずれたマウスピースを入れて、少しづつずらしていく、 というメカニズムなのです。
1つのマウスピースで0.25mmしか歯を動かさない為、ほとんど痛みはありません。

ポイント3

マウスピースを1週間ごと交換

マウスピースケースに入ったインビザライン

マウスピース矯正では、歯型を3Dデジタルデータ化したものを、コンピューター上で 少しずつ(約0.25mm)動かして、歯ならびの治療過程の3Dシミュレーションを製作します。
そうして作成された数多くのマウスピースを交換しながら使用します。
1週間ごとに新しいものに取り替え、少しずつ動かしていくのです。

矯正治療の流れ

初診相談のカウンセリングルーム

01初診相談・カウンセリング

まずは、お電話・インターネットから初診のご予約をください。
初回ご来院いただいた時には、歯並びについてのお困りごと、ご要望をお聞きします。
しっかりお聞きした上で、大まかな治療内容、費用、注意点などをご説明いたします。
この時点で、不安な点や疑問がある場合には遠慮なくお聞きください。 歯列矯正は比較的長期の治療になりますので、安心して治療を受けていただきたいと考えております。

下矢印
精密検査

02精密検査

次に、精密検査に入ります。
レントゲン撮影、CT撮影、口腔内の撮影を行います。
歯型取りは、マウスピース矯正専用の口腔内スキャナーを用いて精度の高い歯型を作ります。
また、虫歯や顎関節などに問題がないかなども調べます。
※お急ぎの方には初診カウンセリングの後、すぐに検査に入ることも可能です。

下矢印
治療計画のご提案

03治療内容・治療計画のご説明

精密検査の内容をふまえまして、患者様に合った治療内容・治療計画のご提案、ご説明を行います。

下矢印
アライナーの画像

04治療内容・治療計画のご説明

精密検査の内容をふまえまして、患者様に合った治療内容・治療計画のご提案、ご説明を行います。

下矢印
マウスピース装着

05マウスピース治療開始

マウスピースが到着いたしましたら、いよいよ治療開始です。
マウスピースは1日20時間以上の装着が必要です。
また、1週間毎に次の段階のマウスピースに交換していくことでゆっくりと歯を移動させていきます。
治療期間中は、1か月~3カ月に1度ご来院いただき、問題がないか確認いたします。

下矢印
保定装置

06保定

マウスピース矯正で歯が移動し歯並びが整った後は、保定という歯の後戻りを防止する措置が必要です。
リテーナーと呼ばれる保定装置を装着いたします。期間は約2年ほどです。
この期間は、定期検診と合わせ1年に3〜4回のご来院をお願いしております。

歯列矯正のご相談、柔軟に対応いたします。

上記が当クリニックでの矯正治療の通常の流れになります。
ただし、お急ぎの方もいらっしゃいますので、その場合にはカウンセリングと検査を同日に行うなど臨機応変に対応いたします。
また、他の矯正方法をお考えの方のご相談も承ります。
セカンドオピニオンとしてのご利用も受け付けておりますので、ご遠慮なくご相談ください。

 
 

ヨシダ歯科・小児歯科クリニック

神戸市中央区御幸通4-2-9 アベニュー御幸ビル101

●各線三宮駅から徒歩5分程度

ヨシダ歯科クリニック外観
Copyright © Yoshida Dental Clinic All Rights Reserved
初診WEB予約再診WEB予約