神戸三宮 マウスピース矯正クリニック

お電話0120-372-118 住所:神戸市中央区御幸通4-2-9 アベニュー御幸ビル101
診療ご予約・お問い合わせはこちら
アクセスマップはこちら

矯正治療とは

HOME > 矯正治療とは
ヨシダ歯科・小児歯科クリニック ロゴ

矯正治療とは

歯ならびや噛み合わせを、きちんと噛み合うように矯正し、きれいな歯ならびにする歯科治療です。
矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけ、ゆっくりと動かして歯ならびと噛み合わせを治します。
噛み合わせが良くなると、食べ物も美味しく食べられます。
また、コンプレックスがなくなり大きく口を開いて笑うこともできます。
歯並びが悪いと、歯磨きの時に磨き残しも多くなるため、虫歯や歯周病、口臭の原因ともなります。
歯並びはその方の全身の健康に関係している問題とも考えられています。
気になるかてゃ、まずは、どんな状況なのか歯科医師による診断を受けることが望ましいです。

八重歯のおじいちゃん、おばあちゃんを見かけたことは恐らくないのではないかと思います。それは、あの重なり合った歯が原因にとなって歯を失ってしまったからです。
生涯自分の歯で食事を楽しむためには、歯並びは重要です。
歯並びが変われば、噛み合わせや発音などの機能的な部分も変わります。 それだけでなく歯並びがきれいになることで、自然と笑顔になり、笑顔に自信が持てるようになるでしょう。
矯正治療は子どもの時期に始めることが多いですが、大人の方でも十分可能な治療です。当院では噛み合わせも考えた、身体に優しい矯正治療を心がけています。

矯正治療Q&A
よくある質問をまとめました!

Q1 矯正治療はいつから開始するのがいい?

矯正治療はいつから開始するのがいいかですが、お口の中は皆さま違うため、患者さんの歯ならびやかみ合わせの状態によって大きな差が出てきます。
お子様の矯正治療に関しては、成長段階にあるため歯科医が定期的に観察して判断することがのぞましいです。
ですので、気になる方はお早めに矯正歯科医に診せることをおすすめします。

矯正での診療では、まず、噛み合わせをチェックします。
あごを前後左右にズラさないと噛めないような状態であれは、乳歯の時期でも治療を開始することがありえます。
受け口などで、あごの骨の大きさに問題がある場合は、骨の成長を待ってタイミングをはかって治療を行うこともあります。
あごの骨格に問題のある受け口や開咬(かいこう)、交叉(こうさ)咬合などの不正咬合の場合は早めな治療をすべき場合があります。
また、親知らずに押されたり、抜歯などで、噛み合わせは変化した場合には成人~中高年の方であっても必要な時期と言うべき場合があります。

Q2 治療期間はどれくらいかかるの?

年齢や症状によって差がでます。矯正治療はあごの骨の中にある歯をゆっくりと動かしていくため、長期間かかる場合が多いです。
ただ、近年、治療技術や材料の進歩により期間は短縮される傾向にあります。
目安としましては、成人の場合、1~3年程度かかります。(また保定機関と呼ばれる移動した歯を安定させる期間も必要です。)
成長期のお子様の場合、あごの成長を観察しながらコントロールする場合には、数年かかる場合もあります。

Q3 どんな状態なら治療が必要なの?

叢生(そうせい)

●叢生(そうせい)
歯がデコボコ・ガタガタに生えている状態を叢生と言います。
乱ぐい歯、八重歯など、歯が重なってならんでいる状態です。
歯みがきしづらいため、虫歯や歯周病も起こしやすくなります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

●上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯列が下の歯列よりも前に出すぎた状態です。
出っ歯は上顎前突にあたります。
指しゃぶりが原因の場合もあります。

反対咬合 (はんたいこうごう)

●反対咬合 (はんたいこうごう)
受け口です。
骨格性の遺伝が受け口の原因に関わっていることもあります。
下顎を前に突き出す癖や口呼吸が癖になっている場合は舌の位置が不安定になり、 下の前歯の裏側を前に押していることがあります。
上下の顎の発達バランスが悪いことでも起こります。

開咬 (かいこう)

●開咬 (かいこう)
奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わずに開いている状態です。
前歯で食べ物を咬めない、正しい発音もできない症状がみられます。

空隙歯列(くうげきしれつ)

●空隙歯列(くうげきしれつ)
すきっ歯です。歯と歯の間にすきまがある状態です。
前歯の真ん中に隙間がある方が多くみられます。

Q4 どんな装置を使用する?

矯正治療で使われる装置には、歯の表面に接着する装置と自分で取り外しができる装置があります。
固定式で代表的な装置はマルチブラケット装置です。
歯の表面に歯科用接着剤で『ブラケット』という器具を貼りつけ、その溝にワイヤーを通して歯を移動させます。
ワイヤーの力を利用して歯をゆっくりと動かしていきます。

自分で取り外しできる装置は、当クリニックで採用しているマウスピース矯正インビザラインです。
透明のマウスピースを装着することにより歯を動かしていきます。
マウスピースは歯の移動に伴って段階的に交換していきます。

Q5 どれくらいの間隔で通院が必要?

歯を動かしている期間は、装置の調節が必要なため、 1~3ヶ月に1回程度通院します。
当クリニックのインビザライン・マウスピース矯正は通院頻度ができるだけ少なくなるよう、患者様とスケジュールをご相談しながら治療計画を立てますので、お忙しい方もご安心ください。

Q6 食べられないものはある?

固定式の場合、硬いせんべいや粘着するガムなどなどは、装置を壊す恐れがあるため避けなければなりません。食べ物が詰まりやすくなりますので、歯磨きを丁寧に行う必要があります。
マウスピース矯正の場合は、取り外しを行っている際にはどのような食事でも可能で制限はありません。

Q7 歯を抜かないといけない?

マウスピース矯正は奥歯をさらに奥へ移動させるのが得意なので、従来型の矯正と比べて歯を抜くことは極めて少なくなります(従来型の矯正は奥歯を奥に移動させるのは苦手。)。
歯を抜くことはやはり患者様にとって負担が大きいため、当クリニックではできるだけ抜歯をしないプランで行っています。
歯を抜くかどうかは、レントゲンや型取り専用のスキャナーなどを駆使しまして、歯の凹凸、あごの形、大きさから慎重に判断いたします。

Q8 矯正の費用を教えて

矯正治療は、原則保険適用外で、自由診療となります。
その費用はおおよそ70万円となります。
当クリニックのマウスピース矯正(インビザライン)の治療費は、トータルフィー制度で、全ての費用を一括でまとめています。
インビザライン 上下顎:¥698,000(税別)と定額で調整費込みとなっております。
矯正治療費用は高額となりますので、費用に関しては初回のご相談時に詳しくお伝えしております。

 
 

ヨシダ歯科・小児歯科クリニック

神戸市中央区御幸通4-2-9 アベニュー御幸ビル101

●各線三宮駅から徒歩5分程度

ヨシダ歯科クリニック外観
Copyright © Yoshida Dental Clinic All Rights Reserved
初診WEB予約再診WEB予約