6月の診療のお知らせ

6月は引き続き、規模を縮小しながら通常通り診療しております。
午後の最終受付が18:30となっておりますのでご了承ください。

予約の枠が埋まりやすくなっておりますので、お早目のご予約をおすすめいたします 💡

最初のおススメをつけてください

神戸市歯科健康診査再開のお知らせ

緊急事態宣言解除に伴いまして、
6月1日から神戸市歯科健康診査を再開させていただきます。

【神戸市歯科健康診査】
・妊婦歯科健康診査
・40歳総合健康歯周病検査
・50歳歯周病検診
・後期高齢者75歳歯科健康診査

※40歳総合健康歯周病検査につきましては、
令和2年4月5月で受診期間診療を迎えた方も、受診期間が3か月間延長しておりますので、受診券をそのままご利用いただけます。

今後さらに新型コロナウイルスの感染が拡大してきた場合、再度中止となる場合がございますのでご了承ください。

最初のおススメをつけてください

新型コロナを予防するために②

さて、新型コロナウイルスやその感染方法について、簡単にお伝えしてきましたが・・・

歯科と新型コロナとのかかわりについてもお伝えしていきたいと思います!

 

2020年5月15日発売のPRESIDENTに、こんな記事が掲載されました!

紹介されているのは、

デヴィ婦人に

トランプ大統領・ビルゲイツ

名だたる大物ばかりです。

皆さんお忙しい中、3か月に一回は歯科の定期健診に通ってプロのケアを受けていらっしゃるとのこと。

 

新型コロナウイルスはその名の通り、ウイルスによる感染症です。

同じウイルス感染であるインフルエンザに関しても

☆セルフケア(ご自身による歯磨き)

☆プロフェッショナルケア(歯科医院での歯石除去やバイオフィルム除去)

をきちんと行い、お口の中の菌をコントロールしていくことによって予防ができる、との研究結果が出います。

 

お口はその名前の通り、

身体の中全身の「入り口」なのです。

お口の中にある菌は、体の中へと入っていきます。

 

また、口呼吸から鼻呼吸に変えることによっても肺へのウイルス侵入を減らすことができます。

お鼻は最高のフィルターをもっています。

鼻でふるいにかけるはずの悪いものをすべて体の中に入れてしまうのが、口呼吸です。アトピーや鼻炎の原因も元をたどればここにたどり着きます。

 

お口の健口は体全体の健康へとつながります。

 

この新型コロナで外出自粛の時に、

しっかりお家でできるケアをしていきましょう!

そして、定期検診を!

健口と健康を、守っていきましょう☆

 

 

 

 

最初のおススメをつけてください

新型コロナを予防するために①

緊急事態宣言が発令中で外出自粛が求められている現在ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日より当院でも縮小診療を実施しており、通ってくださっている皆様には多大なご迷惑をおかけしております。患者の皆様や当院スタッフを守るため、とご理解いただけると嬉しく思います。

 

さて、今回は世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのお話です。

 

「新型コロナウイルス」はコロナウイルスのひとつです。

※コロナウイルスには、一般の風邪の原因となるウイルスや、
「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や
2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」ウイルスが
含まれます。

このウイルス、単体だけでは繁殖することはできず、弱っている細胞の中に入り込むことによって増殖することができます。

しかし健康的な皮膚からは中には入りこむことができず、そのまま死滅していきます。

また、その感染経路は飛沫感染か接触感染といわれています。

所謂、3密を避けることによってこれら二つを避けることができるのです。

※3密とは

密閉 換気のできない閉鎖的な空間

密集 大人数が集まったり・少人数でも近距離で集まる

密接 手が届く距離での会話や運動など

 

不要不急の外出を控えて、ゴールデンウィークをご自宅で過ごされた方も多いのではないでしょうか。

#お家にいようよ

をタグに星野源さんが素敵な歌を歌ってらっしゃいましたね。

素敵なコラボもたくさんありました。

 

新型コロナ騒動が終息した際には心置きなく外出できるよう、

皆さん、今は頑張りましょうね!

 

 

→詳細・最新情報は厚生労働省のHPをご覧ください。
(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)

 

最初のおススメをつけてください

神戸市歯科健康診査中止のお知らせ

現在、以下の神戸市歯科健康診査(神戸市の無料検診)を中止させていただいております。

・40歳総合健診歯周病検診
・妊婦歯科健康診査

50歳・60歳歯周病検査、後期高齢者(75歳)歯科健康診査については、
中止となってはおりませんが、予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

※緊急事態宣言が延長された場合、引き続き中止となりますのでご注意ください。

1人がイイネ!って言ってます

LINEアカウント開設しました

ヨシダ歯科・小児歯科クリニックのLINE公式アカウントを開設いたしました!

電話以外で簡単に予約をとりたい・・
今の時期、外出はできないけど相談したい・・
などご予約の受付はもちろん、矯正やインプラント・治療に関することなど
簡単なことをご相談いただけます 😉

下記のQRコードから追加するか友だち追加をクリックしてください 🙂

友だち追加

※ご予約やご相談などへの返信は診療時間内に限りますので、すぐに返信できない場合がございます。ご了承ください。

最初のおススメをつけてください

新型コロナウイルス対策について

こんにちは。ヨシダ歯科小児歯科クリニックです。

当院では日頃から感染予防対策として以下のことを実施しています。

・スタッフ全員のマスクの着用・グローブの着用
・グローブの患者さまごとの交換
・使い捨てエプロン・使い捨てコップを使用し、患者さまごとに破棄する
・治療で使用する器具・ハンドピース類の患者さまごとの消毒・滅菌
・患者さまひとりひとりの診療後の消毒液での清拭
・診療室内・待合室での医療用空気清浄機の稼働

上記に加え、新型コロナウイルス感染予防対策として

・イス・ドアノブ等多くの方が触れるものを消毒液で清拭
・受付にアルコール消毒を設置

を実施しています。

〇〇〇お願い〇〇〇
発熱やひどい咳などの症状があり、新型コロナウイルス感染を疑われる患者さまの来院はご遠慮いただいております。ご了承ください。
また、来院の際はマスクの着用・アルコール消毒のご協力をお願いいたします。
(アルコール消毒は受付左手に設置しています。)

最初のおススメをつけてください

虫歯のつくりかた①

こんにちは!

今回は虫歯の作り方についてお話したいと思います

ん?虫歯の・・・つくりかた❓
虫歯を作りたい人なんてなかなかいないですよね???

しかし、
虫歯の作り方、でき方を知っていれば・・・

もちろん‼️
それを防ぐこともできるのです?✨

 

★虫歯の条件~ニューブランの輪~★

虫歯は、次の四つの条件が合わさったときにできると言われています。

1、歯質?
持って生まれた歯の質のことです。
虫歯になりやすい歯、なりにくい歯それぞれあります。

2、細菌?
お口の中にいる菌のことです。
虫歯の場合は「ミュータンス連鎖球菌」という菌を指します。
赤ちゃんのお口の中は無菌状態で生まれてくるのですが、
家族やお友達から、貰ってきてしまうのです。

3、糖分?
甘いお菓子やジュースだけではありません。
料理やお酒に含まれる〈糖分〉すべてが対象です。

4、時間
お口の中で糖分が停滞し、酸にさらされている時間のことです。
image02

これは「ニューブランの輪」と言って、
この4つの条件が合わさると・・・

虫歯をお口の中に作ってしまうのです?

しかし❗考えてみてください‼

逆に、この4つの条件を欠けさせてしまえば、
虫歯は防ぐことができるということ。

大人はもちろん、
虫歯になりやすい乳歯のお子様も、

しっかりケアして予防していっていただきたいです?

ではどうやってこの4つの条件をそろわないようにするか・・・?
虫歯のメカニズムとは・・・?

それを次回お伝えしたいと思います???

2人がいいねって言ってます

かむかむ通信vol.2 口呼吸と鼻炎

口呼吸」ってみなさんご存知でしょうか?

「口呼吸」とは、
その名の通りお口でする呼吸のことです。
一般的には「くちこきゅう」
専門的には「こうこきゅう」と読みます。

通常私たちは「鼻呼吸」で生活をしています。
お口を閉じた状態で鼻で呼吸をすることです。
「はなこきゅう」「びこきゅう」と読みます。

どっちでも呼吸ができるならいいじゃないか!
そう思われるかもしれません。
確かに呼吸ができれば生命活動を維持することはできます。

しかし!
口呼吸によってさまざまな弊害が引き起こされてしまうのです!!!

・唇の乾燥
・出っ歯
・いびき
などなどたくさんあります。

「もちろん口を閉じたほうがいいのは分かっているけど、
鼻炎で息がしずらくて・・・。」

そうおっしゃる方もいらっしゃいます。

ただ、その鼻炎の原因は
口呼吸によることが多いのです!

人間の体は基本的に湿潤することによって、
免疫機能を保っています。
もちろん、お口やのど気管も同じです。

☆鼻ってとても優秀☆
人間の鼻は
「加湿と空気清浄・保温」
これらの役割を一手に担ってくれています。

つまり鼻で呼吸をすることによって、
他の気管を乾燥させることなく、
きれいで温かい空気を体内に送り込む事ができるのです!

しかし・・・口で呼吸をしてしまうと・・・
冷たい、乾燥し、濁った空気が
直接気管や鼻腔(鼻の奥の空洞)に送り込まれます。

これは大ダメージ・・・! 😥

免疫力の低下した気管・鼻腔は炎症を起こし、
鼻炎を引き起こしてしまうのです。

ただ、慢性的に鼻炎の場合は
その刺激によりポリープのようなものが出来てしまっている可能性もあります。
根本的な治療をするためには、耳鼻科などで適切な治療を受けつつ、
口を閉じる筋肉を鍛えて、できるだけ鼻で呼吸をするように心がけましょう☆

 

口を閉じる筋肉を鍛える方法

その1、あいうべ体操
当院の待合室にも置いてあるこの本。
口呼吸は鼻炎だけではなく、さまざまな病気と関係が深いといわれています。
それを改善する一歩を踏み出すための体操です!

PICT0003

あいうべ体操紹介ページ

その2、りっぷるとれーなー
あなたのお口、
お子様のお口。
ぽか~ん・・・としていませんか?
お口を閉じる筋肉(=口輪筋:こうりんきん)を鍛えるための器具です!

PICT0002

¥210で受付にて販売中!
お気軽にお尋ねください。

[松風]りっぷるトレーナー

 

 

 

 

 

最初のおススメをつけてください